建設産業界の日刊全国紙「建設通信新聞」

このブログの記事も、建設通信新聞が基本となっています。日本有数の建設専門クオリティーペーパーです。ぜひニュースサイトを訪ねてみて下さい。

まったく新しい建設情報サイト 「建設通信新聞Digital」

これまでの常識を覆す。建設関連情報統合サイトです。ニュースの全量配信、電子版、行政資料キャビネット、トップインタビューなど盛りだくさんの内容が詰まっています。

建設通信新聞社Facebook

言わずとしれたFacebook。ユーザー交流の場です。おたずね下さい。

建設通信新聞社発行の書籍群

建設通信新聞が発行している各種書籍です。『建設人ハンドブック2014年版 建築・土木界の時事解説』『建設業の安全衛生法令用語検索エンジン 用語の意味、適用条文、公示、告示、通達がわかる!』『建設業 社会保険未加入問題Q&A』などベストセラーも

当社は65周年を迎えました

おかげさまで、創立65周年を迎えました。みなさんありがとうございます

2016/12/03

【G空間EXPO2016】測量・空間情報のグローバル化時代 自ら発信、世界で貢献できる分野を


 「G空間EXPO2016」が24-26日の3日間、東京都江東区の日本科学未来館で開かれた。イベントの1つとして日本測量協会(矢口彰会長)、全国測量設計業協会連合会(野瀬操会長)、日本測量機器工業会(平野聡会長)、日本測量調査技術協会(岡部篤行会長)の測量関係4団体は、地理空間情報フォーラム2016を開いた。講演やシンポジウムを通じて、G空間社会を支える測量・地理空間情報への理解を深めたほか、最先端の技術やサービスを紹介した。写真はオープニングのテープカット

【ACEアワード】ハンデ持つ人のロールモデルに! 個人部門グランプリは渡邉美土里氏


 「企業の成長に資する新たな障がい者雇用モデルの創出」をミッションに、大手企業28社が業種、業界を越えて連携する、企業アクセシビリティー・コンソーシアム(ACE、橋本孝之代表理事)の第4回ACEフォーラムが11月30日、東京・丸の内の明治安田生命ビルで開かれた。会員企業の中から「障害を活かした新たな価値の創造を実践している社員」を選出してもらうロールモデル表彰(ACEアワード)では、清水建設設計本部プレゼンテーションセンターの渡邉美土里さんが個人部門のグランプリに輝いた。

【本】「反住器」「ガキの舎」「住吉の長屋」 情念深き建築群書き尽くした『異形建築巡礼』出版


 安藤忠雄、毛綱毅曠、渡辺豊和、六角鬼丈ら各氏の「異形の建築」を批評した建築家・石川修武氏の書籍『異形建築巡礼』の出版に合わせ、25日に東京都港区の国際文化会館で記念式典が開かれた。

【三井住建道路】情報化施工をキャンパス内で! 芝浦工大生100人がグラウンド整備工事見学


 三井住建道路は、さいたま市内で設計施工を手掛ける芝浦工業大学大宮キャンパス総合グラウンド整備工事の現場で、同大工学部土木工学科1年生約100人を対象に見学会を開いた。学生向けに大規模な見学会を開くのは同社初となる。マシンコントロール(MC)による情報化施工とRC擁壁の現場を披露したほか、同学科を3月に卒業し、4月に同社に入社した寺内和子さんが社会人になってからの活動状況を報告した。

【大阪事協】将来は建築界に! 体験教室や児童画展@なにわ建築フェスタに1600人来場


 大阪府建築士事務所協会(佐野吉彦会長)は26、27の両日、大阪府茨木市のイオンモール茨木ジョイプラザで「なにわ建築フェスタ2016」を開いた。協会の創立40周年記念事業として開いた今回は約1600人が来場し、建築体験やカンナ削り体験、工作教室、各種展示などで建築に触れた。

2016/12/02

【記者座談会】業績好調のいまこそ処遇改善を/異業種も注目するインフラメンテ市場


A 過去最高益の更新が相次ぐなど、ゼネコンの中間決算が好調だけど、日本建設業連合会加盟企業(97社)の受注状況はどうかな。

【女性活躍現場見学】学生・企業・団体が働き方と魅力を学ぶ 南北線中防内側陸上トンネル工事


 東京土木施工管理技士会(伊藤寛治会長)は11月29日、「平成28年度東京港臨港道路南北線中防内側陸上トンネル整備工事」(東京都江東区)で、「女性が活躍している工事現場」見学会と「建設業界に携わる女性たち」座談会を開いた=写真。学生、会員企業、関係団体などが参加した。

【博多駅前陥没】セメント500tを30時間供給! 「オール福岡」の一翼担った麻生セメント


 麻生セメントは、福岡市の地下鉄工事における道路陥没事故の早期復旧を可能にした「流動化処理土」による埋め戻し処理において、原料となるセメントの大半に相当する400-500tをジャストインタイムで供給した。

【ふゆトピア】吉田類氏が基調講演! 冬を生かす情報発信イベント@函館 17年1/26、27


 2017ふゆトピア・フェアin函館が2017年1月26、27の両日、函館市内の函館アリーナなどを会場に開かれる。北海道開発局、北海道、函館市などでつくる実行委員会が主催し、国、地方自治体、企業などが冬季の課題解決や冬を生かした地域づくりに関する情報発信、意見交換を行う。

【関東地整】最高のクリスマス・イベントに! ダム女が案内する“やんばナイトツアー”12/19-24


 関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所は、クリスマス期間限定で“やんばナイトツアー”を開催する。ダムが好きでダム関係に従事している女性である“ダム女(だむじょ)”が案内する。開催日時は19日から24日までの午後5時30分から約1時間。入場無料で、定員は各日20人。申し込みは、地域振興課「ナイトツアー」担当あてに電子メールかファクスで参加希望日の前日までに先着順で受け付ける。写真は右岸天瑞からの眺め